血糖値を下げる

ストレスと血糖値の意外な関係

ストレスと血糖値の意外な関係

ストレス血糖値は意外にも関係が深いということを知っていますか?

実は、精神的にストレスがかかると、アドレナリンを分泌させるため、
血糖値が不安定になってしまうのです。


ですので、血糖値コントロールのために様々な治療をしている場合は、
なるべくストレスを避けるようにすることが大切です。

また、自分なりのリラックス法やストレス解消法を見つけて、
上手にこころとからだをリラックスさせるように心がけると良いかもしれません。


また、自分自身やまわりの環境についてネガティブな考えを持っていると、
それらのまちがった考えや思い込みのせいで、
感じる必要のないストレスを作り出してしまうことが多くなるようです。

そうしたまちがった考えや思い込みはいつでも変えることができます。

心理療法などを利用したりすると良いかもしれません。

ストレスの種類も様々

また、精神的ストレスだけでなく、からだに負担をかけているストレスにも注意したいものです。

例えば、睡眠不足のまま無理やり働いていたり、
食事はまったく栄養のないものをただつめ込むだけになっていたり、
ずっと座りっぱなしのまま、からだを動かさなかったり、
意外とからだに負担をかけていることに気づくはずです。


中でも、血糖値に直結するストレスは食生活の乱れでしょう。

忙しいとき、疲れているときなどは、まともな食事を摂らずに、
栄養ドリンクなどがぶ飲みしていませんか?


実は栄養ドリンクには、血糖値を上げやすい成分がふくまれているものが多いです。

安い栄養ドリンクほど、栄養成分は血糖値を急激に上げる糖分だけというものがほとんどです。

それらを飲むことで、逆にストレスをかけていると言えるのです。


食事は血糖値が安定しやすい食事をするように心がけると良いでしょう。

血糖値が急激に上がりやすい糖質のものは、できるだけ避けるようにして、
良質のタンパク質と脂質を摂ることで、血糖値に良い影響となります。

あくまでも、精神的ストレスになってしまわないように心がけると良いでしょう。



■その他の関連記事 Pick up!

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional