血糖値を下げる

こんな症状が出たら糖尿病を疑ってみよう!

こんな症状が出たら糖尿病を疑ってみよう!

糖尿病症状には、どのようなものがあるか知っていますか?

よく知られている糖尿病症状は、
のどが乾く、水をたくさん飲む、夜間にトイレで起きる、体重が減ってきた、
食事後に眠くて仕方ない、尿に泡が混じっている、疲れやすい、
などといった症状です。


これらの症状糖尿病の初期によく見られるものです。

この段階で、からだの変化に気づけば、糖尿病初期段階ですので、
生活習慣の改善などで、回復することが可能です。


しかし、この段階では気付けなかった場合、徐々に糖尿病が進行していき、
やがて糖尿病合併症を引き起こすことになってしまう恐れがあります。

糖尿病合併症の中には、命に関わるような病気も含まれていますので、
決して安心できません。


早い段階で気づきたいものですが、

実際には、糖尿病の初期症状を自覚できることはほとんどないようです。

糖尿病合併症が現れてから、初めて自分が糖尿病であったことに気づく場合が多いようです。

糖尿病の合併症の症状とは

では糖尿病の合併症がもたらす症状にはどのようなものがあるでしょうか?

どの合併症が現れているかにもよりますが、主な症状として、
むくみがある、手足の先がしびれる、こむら返りが起こる、目がかすむ、
視力が低下してきた、足の裏に何かが張り付いているように感じる、
といったものがあるようです。


これらの症状を自覚するようになると、
すでに糖尿病はかなり進行している場合がほとんどです。

今までは、糖尿病が治ることはほぼないと言われてきましたが、
最近では、糖質制限による食事療法で、ある程度の回復が可能であると言われています。


ですので、まずは、自分の糖尿病がどの段階まで進行しているのかを知ることが大切です。

日頃から、体調管理を心がけていれば、
自分の体調の些細な変化にも敏感に気づきやすくなります。

そうすれば、糖尿病の初期段階でも症状を自覚することができるでしょう。


不快な症状はからだからのメッセージです。

自分のからだの声に耳を傾けて、しっかりと健康管理をしたいものです。




■その他の関連記事 Pick up!

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional