血糖値を下げる

血糖値を下げる食事の方法とは?

血糖値を下げる食事の方法とは?

本当に血糖値を下げる食事法というのを知っていますか?


一般的に、血糖値を下げる食事法として広まっているのは、エネルギー制限食かもしれません。

エネルギー制限食とは、血糖値をコントロールするために、一日のエネルギー量が決められて、
それに従って、毎食ごとに厳密なカロリー計算をしなければならない食事療法です。


エネルギー量を抑えるためには、どうしても肉や揚げ物などを控える必要が出てきます。

ですので、毎食の食事は、全体的にボリューム感がない物足りない食事になってしまいます。


この満足感の少ない、面倒な食事法が、今でも血糖値を下げる食事として広まっています。

しかし、米国糖尿病学会や、日本でも研究者や一部の医師らによって推奨されている、
血糖値を下げる新しい食事法があります。

血糖値を下げる新しい食事法とは?

それは糖質制限食です。

この食事法は、血糖値を下げるというよりも、
血糖値を上げないようにする食事と言った方がわかりやすいかもしれません。


血糖値を上げるのは糖質だけです。

ですから、血糖値を上げないように、糖質を減らすという食事法です。


糖質というのは、具体的には、白米や麺、パンなどの炭水化物や、
イモなどの糖質の多い野菜、ジュースやお菓子などの甘いものなどです。

これらを減らすと、食事はタンパク質と脂質が中心となってきます。


タンパク質や脂質は、エネルギー制限食では、避けがちな食材でしたが、
この糖質制限食では、すすんで食べるようにします。

タンパク質や脂質は血糖値を上げない働きや、からだを作ったり動かす働きがあるからです。


血糖値を下げるとされているエネルギー制限食では、なぜか糖質が中心となっています。

ですので、血糖値が下がることは期待できませんし、
むしろ血糖値を上げてしまうことになりかねません。


血糖値を下げる食事として、ぜひ糖質制限食を試してみることをオススメします。

まずは、自分が普段どんなものを食べていることが多いのか、食事日記などを書いてみたり、
写真で記録したりして、チェックしてみると良いかもしれません。




■その他の関連記事 Pick up!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional