血糖値を下げる

血糖値を下げる食材と血糖値を上げる食材とは?

血糖値を下げる食材と血糖値を上げる食材とは?

血糖値を下げる食材にはどんなものがあるでしょうか?

例えば、ブロッコリー、きのこ、海藻類、玉ねぎ、タコ、イカ、かき、青魚、菊芋、山芋、
ゴボウ、オクラ、冬瓜、バナナ、アロエ、黒酢、ニンニク、黒ゴマ、おから、こんにゃく、
とうもろこし、ヤーコンなどの食材があります。


しかし、これらの食材を積極的に利用するようにすれば、

実際に血糖値を下げることができるのでしょうか?

血糖値を下げるためには、これらの血糖値を下げると言われている食材に目をつけるよりも、
逆に、血糖値を上げる食材に注目するほうが賢明だと言えます。


本気で血糖値を下げたいのであれば、血糖値を下げる食材を選ぶよりも
血糖値を上げてしまう食材を食べないようにする方がいいでしょう。

いくぶん、強引な方法のような気もしますが、このやり方は、実は、糖尿病の標準食として、
米国糖尿病学会でも推奨されている食事の仕方なのです。

血糖値を上げてしまう食材はどんなものがある?

では、血糖値を上げてしまう食材にはどんなものがあるでしょうか?

まずは、主食として食べられている白米や麺、パンなどの炭水化物は血糖値を上げます。


また、イモなどの糖質を多く含む野菜も血糖値を急激に上げます。

そして、もちろんお菓子やジュースの甘いものも血糖値を上げます。


これらの食材を取らないようにして、
タンパク質と脂質が中心となるような食事の変えるのです。

これが血糖値を下げるのに、効果的な食事法です。


テレビ番組や雑誌などのメディアの多くは、血糖値を下げる食材
健康食品を大きく宣伝しています。

しかし、いくらそれら血糖値を下げる食品を活用したとしても、
血糖値を急激に上げる食材をたくさん取り続けているならば、
十分に満足のいく効果は得られないことでしょう。

現代の日本人は、血糖値を不自然に急激に上げてしまう食品を

取り過ぎている傾向が強いと言えます。

ですので、毎日の食事の中から、そういう食品を抜くか減らすことで、
血糖値は十分にコントロールすることが可能です。


普段からお菓子やジュース、ジャンクフード、インスタント食品を取ることが多い人の場合は
それらを取らないようにするだけでも、かなりの血糖値の改善が見られることでしょう。




■その他の関連記事 Pick up!



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional