血糖値を下げる

血糖値が気になるならアルコールはダメ??

血糖値が気になるならアルコールはダメ??

血糖値を気にする場合には、アルコールは飲んではいけないのでしょうか?

実は、血糖値に影響を与えないアルコールの飲み方というのがあります。

ですので、その飲み方のコツをつかめば、血糖値を気にすることなく、
アルコールを飲むことが可能となるのです。


確かに、アルコールは飲まないのであれば、それに越したことはありません。

しかし、一日の疲れやストレスを、一杯のアルコールを飲むことで、
リセットして、また次の日のエネルギーにしてがんばりたいという人も多いでしょう。

そのような楽しみは、ストレス解消にとても効果がありますし、
血糖値を安定させるためにも、ストレスを上手に解消させるということは大切だと言えます。

血糖値が気になる人の為のアルコールの飲み方

では、血糖値に影響しないアルコールの飲み方と、どんな飲み方でしょうか?

まず、飲むアルコールの種類に注意して飲むようにしましょう。


糖質を含まないアルコールを選ぶようします。

飲んでいいお酒は、焼酎やウイスキー、ブランデーなどの蒸留酒です。

赤ワインは少量であれば、大丈夫のようです。

また、糖質ゼロのお酒も大丈夫です。


酎ハイやカクテル系の甘いお酒や、ビール、日本酒などの醸造酒は避けるようにしましょう。

白ワインも避けるようにしましょう。

このように飲むアルコールの種類に気をつければ、お酒を完全に辞める必要はありません。

しかし、飲み過ぎてしまえば、もちろん血糖値にも体にも悪影響しか及びませんので、
注意が必要です。

おつまみにも注意!

また、他にも、血糖値に影響しないアルコールの飲み方のコツがあります。

それは、ナッツやチーズなどの糖質の少ないおつまみを食べながら飲むということです。

空腹状態でお酒だけを飲むよりも、おつまみを少量食べながら飲んだほうが、
血糖値の上昇がおだやかになります。


実際にこれらの方法が自分に合っていて、血糖値に影響しないかどうかを、
血糖値の自己測定を行なうことで、確認してみるのも良いかもしれません。

飲む前と、飲んだ直後と、翌朝の血糖値を比較してみると良いでしょう。




■その他の関連記事 Pick up!

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional